ローパーテーションの上手な選び方

TOP > ローパーテーションについて > ローパーテーションの上手な選び方

ローパーテーションの上手な選び方

オフィス家具として非常に人気の高いローパーテーションは、天井や床に固定せずに置くタイプのものであるため、オフィス内のレイアウトを変更したい時でも柔軟に対応できるという点が最大のメリットとなっています。
もちろん一口にローパーテーションと言っても、高さや素材の違いなどにより色々なものに分類することができるため、利用する場所や目的などに合わせて選ぶことができると思います。
基本的に言って、高さは1200ミリ、1600ミリ、そして1800ミリタイプのものに分けることができます。
例えば、高さが1200ミリのものは、人が座った時の目線と大体同じくらいの高さと考えてよいでしょう。
そのため、デスクを囲うパーテーションとして、もしくは休憩スペースを確保する目的で使うことができるかもしれません。


高さが1600ミリのローパーテーションともなると、人が立った時の目線と大体同じくらいの高さになると言われています。
そのため、打ち合わせのためのスペースを作りたいと思う場合に、まさに最適のパーテーションと言えるでしょう。
当然、座った時には完全に空間を仕切ることができるため、気軽に利用できる応接の空間を作ることを目的として使われることもあれば、学習塾などで個別ブースを作る目的で使用されることもあると思います。
加えて、高さが1800ミリのローパーテーションは完全に頭までが隠れる高さとなります。
上から覗き込まれることもないため、完全にプライバシーを守る空間づくりに役立ちます。
オフィスにおける商談スペースや応接室、またはロッカールームなど幅広い用途のために活用することができます。


ローパーテーションを上手に選ぶためには、高さに加えて素材にも注意を払うことが必要です。
本体の表面材は多くの場合布張りになっており、たくさんのカラーバリエーションがあることで知られています。
また布の他にも木目調のもの、ガラスやスチールを使用したものなどもあります。
一言でガラスと言っても透明のものもあればカスミもあるため、使用する場所や目的に応じて選ぶことができると思います。
豊富なカラーバリエーションの中から最も適したものを選ぶ際にも、やはり場所や使用方法を考慮して最適のものを選択することができます。
加えて、ローパーテーションは板状のパネルを複数枚連結して使用するため、安定脚や連結部材は十分な強度があるものが必要です。
この面での強度もしっかりと確認した上で選ぶとよいでしょう。

次の記事へ